お得にリフォームするなら補助金制度を利用しよう!

補助金の制度を知ろう

危険性を低下する

健康な人間なら、階段の上り下りは簡単にできますし廊下で転ぶこともありません。
転んだとしても、大きなケガをする可能性は少ないです。
しかし高齢者は身体を動かすことが難しいので、階段を上れなくなります。
また廊下で滑って転べば、骨を折る大ケガに繋がるので気をつけてください。
階段の段差を低くしたり、廊下に滑り止めや手すりをつけるだけで事故の可能性を下げられます。

バリアフリー機能を搭載するためのリフォームだったら、補助金を申請できるので使ってください。
リフォームをする時は、100万円以上が必要になるケースが多いです。
そんな大金を用意するのは、難しいでしょう。
介護のためのリフォームと言えば、補助金でカバーできます。

介護のランク

身体が不自由で、介護が必要だと認定されている人がいます。
その人が家庭にいる場合は、補助金を受け取れます。
また、介護のレベルによって受け取れる補助金の額が変わることを覚えておきましょう。
レベルが軽くて、自分で動くことができる人は少ない金額しか補助してくれません。
しかしそこまで多くのバリアフリー機能がなくても十分生活ができるレベルなので、お金のことは気にしなくて大丈夫です。

身体を自分で動かすことができない人は、レベルが高いと判断されます。
その人はたくさんのバリアフリー機能が必要になるので、補助金もたくさん出ます。
介護をするのは大変ですが、バリアフリー機能があれば少しでも楽になります。
お互いの負担を減らしましょう。


この記事をシェアする